夜半の光り 夢の中の言葉 その意味するものとは

小さな予言者

アクセスカウンタ

    
   深呼吸しましょう〜 風を感じて

zoom RSS 「ツインソウルの出会い 奇跡のプロセス」より抜粋

<<   作成日時 : 2016/12/22 10:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 8

   電子書籍 「ツインソウルの出会い 奇跡のプロセス」からの抜粋です。
   

 
   第一章 「記憶への扉」 魂と肉体
 
   今、わたしが、わたしと呼ぶ、この「わたし」という人間は、自分で気がついたときには、
  既にこの世に生まれてきていました。誰に教わるわけでもなく呼吸し、身体を動かし、大
  人になり、やがて一生を終えるときが来ます。
   肉体は滅び灰と化し、少しばかりの骨が残り、わたしという人間の一生が終わります。
  同じ顔、同じ姿容(すがたかたち)の、「わたし」がもう一度、この世に生まれてくるという
  ことはありません。

   しかし、本当に一度きりなのでしょうか。「わたし」という人間は、肉体が消えてしまうと、
  それで本当に終わりなのでしょうか。
   わたしの心、嬉しさや喜び、悲しみ、悩んだこと、失敗したこと、頑張ったこと、愛したこ
  と、心に刻まれた思い出、それらも皆、消えてしまうということなのでしょうか。二度と、こ
  の世に出ることは無いのでしょうか。
   わたしという人間の最終目的は、本当に、少しばかりの骨の残骸でしかないのでしょう
  か。
   もし人生の目的が骨になることでしかないというのであれば、人生に何の意味があるの
  しょう? 
     (中略)
   わたしなどは元来、怠け者で、意気地がない。山登りなど、すぐに疲れて一休みしたく
  なります。
  人生の目的が骨になることだけだというのであれば、真っ先に頑張ることを投げ出してし
  まう人間です。頑張ったって仕様が無いという思いが起こり、他にも意味があるのだよと、
  後から言い聞かせようとしても、これがなかなか、誤魔化せない。怠け者というのは、怠
  けることに関しては頭がよく働くのです。
   しかし、実際のわたしはどうなのでしょうか?
   現実のわたしはといいますと、すぐに休憩したくなる質ではありますが、それでも、頑
  張ってもしようがないとは思わないのです。怠け者でありながらも、そのままでは終わりた
  くない、そう思っているのです。生きていくために必死で頑張らなければならないのです。
   わたしは、まだ何も成し遂げていない、死に物狂いでやり遂げたい、そう思っているので
  す。
     (中略) 
   この頑張ろうとする思いは、どこから来るのでしょう?
  わたしは本当はわかっているのだと思います。骨になることが目的ではないことを無意識
  にわかっているのだと思います。肉体だけの存在ではないことをわかっているからだと思
  います。


   以上、2017年秋に出します電子書籍 「ツインソウルの出会い 奇跡のプロセス」より、
             
 第一章の一部を紹介しました。初版に掲載したものですが、今回の作品にも引き続き掲載

 いたします。尚、今回は、初版の内容を大幅に改訂し、タイトルを変更、別作品として発

 売します。

 発売日は決まり次第、お知らせします。               (2017年10月31日 記)






ブログへのアクセスランキングに参加しています
クリックで、応援をお願いいたします↓↓
ご協力ありがとうございます! 
にほんブログ村 小説ブログ ノンフィクション(小説)へ
にほんブログ村

  ツインソウルに出会った記録の原文を発売します。

テーマ

関連テーマ 一覧

    メッセージお待ちしています♪ huko

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
hukoさま
第1章「記憶の扉」を初めて読んだ時に、私の考えていることと、感覚的にとても似ていると感じました。

私は今、心境の変化がやってきています。相手のことが、自分の中で、立て分けられるようになってきています。不思議な変化が訪れてきています。
しばらく、自然の流れに身を任せ、相手のこと、ツインソウルのことから離れてみようと思います。

hukoさんの新書、そして次回の新作が、多くの人の目にとまる日が来ることを祈っております。


ririka
2016/12/22 17:16
hukoさん、今年もあと少しですね。
生きていくために必死で頑張らなければならないのです。hukoさんの言葉に、いつも元気をもらう自分です。自分は遅々とした日々ですが、前向きに進んでいけたらなと。お互い、明るい日々でありますように。
   
ふーちゃん
2016/12/24 18:41
 この世での人生は、泡沫の夢。それが多少長いか短いかの違いだけではないかとも。
しかし、それが例え泡沫のほんの少しの間の事であったとしても、その時間を出来るだけ長くと願うのが、そこに生きる者の常ではないかと。
kazukun
2016/12/25 06:53
ふーちゃんさま
この一年も、お世話になりました。
人生後半に突入してからは、年齢に関係なく前を向いて頑張ろうという思いと、身体は正直で、気持ちとは関係なく年齢らしさがそのまま現れてくるようになりました。気は若くても、元気を過信するのも良くないですね。お互い、マイペースで前へ進んでいけたらと思います。
huko
2016/12/27 18:02
kazukunさま
コメントありがとうございます。
興味深いブログを書いていらっしゃいますね。この世では、肉体を持つことから総てが展開されているわけで、本当にせつないです。楽しい時ほど短いですし、少しでも長く、と願わずにはいられません。
kazukunさんに、以前いただいたメッセージが、とても印象深く心に残っています。勇気と自信とが沸いてきて、わたしの書くことへの原動力になっています。
huko
2016/12/27 18:08
今年も、残すところ、数えるほどになりましたね。

一年間、ご交流いただきましてどうもありがとうございました。
どうぞよいお年をお迎えくださいね。
eri
2016/12/31 01:10
eriさま
ありがとうございます。こちらこそ、
楽しく交流させていただきありがとうございました。
いつも前向きの、元気が出る、
eriさんの詩に、今年も感動させられっぱなしでした。
よいお年をお迎えくださいませ。
huko
2016/12/31 10:02
hukoさま
今年は、例年よりも更に、あっという間の一年でした。

今年一年間、ずっと私のコメントのお付き合いくださり、本当に有難うございました!
感謝の思いでいっぱいです!!hukoさんには、助けられることが沢山ありました。

この12月で出会ってから4年となり、来年から5年目に突入です。
間隔がだいぶ、空いてきましたが、まだ、号泣は時々起こります。
昨夜も、憑依現象を伴う号泣が不意にきました。
しかし、結局は、自分が強く、強くなっていくしかないです。

来年は、年齢など気にせず、更にエネルギッシュな自分に磨きをかけ、躍進していこうと思っています!!
hukoさんも、更なる躍進、期待しております!!
それと、1月発売予定の改訂版、楽しみにしています(^○^)
それでは、
良いお年を!!!
ririka
2016/12/31 15:38
      ご質問、ご感想、     メッセージをご利用くださいませ。
小さな予言者、いかがでしたか? 2017年秋に、これまでの作品の 一番元の記録(原文)を 電子書籍で発売します。  現実の仕事場が登場し、 仕事上の二人の関係が明白になり、 ツインソウルの特徴がより鮮明に!! 
        
「ツインソウルの出会い 奇跡のプロセス」より抜粋 小さな予言者/BIGLOBEウェブリブログ
       深呼吸しましょう〜 風を感じて  huko
文字サイズ:       閉じる