夜半の光り 夢の中の言葉 その意味するものとは

小さな予言者

アクセスカウンタ

    
   深呼吸しましょう〜 風を感じて

zoom RSS #319 ツインソウル 見えない繋がり

<<   作成日時 : 2016/06/19 19:12   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 9

 知識が無くても出会う、ツインソウル

 ツインソウルとの出会いの道程の大まかなあらすじを紹介しましたが、わたしはこの出会い
の記録をブログに掲載するにあたって、当初は年齢不詳で、自分が既婚者であることも非公
開にしていました。
 
 先入観を持たずに読んでほしいと思ったからです。結婚しているのに、異性に心惹かれて
いくという、そのくだりを読んだだけでも、誤解されてしまうでしょう。さらに、ツインソウルに出
会うと、感性が非常に研ぎ澄まされてきます。研ぎ澄まされなければ出会うことは無い、ある
いは、出会ったから研ぎ澄まされるということもあるかと思います。
 身体が触れるどころか、手も握ったことが無い相手のことを、無条件に愛することが出来る、
それがツインソウルの愛なのですが、こんなこと、こんな芸当、普通の恋愛で、果たして可能
でしょうか? エゴの塊の生身の人間同士では難しいところであります。

 強烈な惹きつけられ方をしますが、それでも周囲に傷つく者を出さないように、非常に忍耐
強く根気強くなっていきます。わたしの場合、出会いが2004年ですから、2016年の6月現
在で、12年4か月になります。
 長いねと言われる年月が経過しました。そして、そんなに長いからこそ、多分大抵の方は、
驚かれるのではないでしょうか。
 ツインソウルであるTという人、その人のことを、わたしは少ししか知らないからです。
 まず、彼が、どこに住んでいるのかを知りません。○○市、だということは知ってはいますが、
それ以上詳しくは知らないのです。
 空想の世界の話だと思われても仕方ないくらい、相手に関する情報を持っていません。
 きっと、誰かが尋ねるでしょう、
      
   「一体、その人の、どこに惹かれたの? 」と。

 
 その人のことを何も知らないのに、愛せるはずがないではないかと、思われることでしょう。
 ツインソウルは、相手について、何も知らなくても、懐かしく愛おしい思いがこみ上げてくるの
です。突然思い出すことが頻繁に起こりますが、そういうときは、自分が思い出しているのでは
なく、相手が今、自分を思い出しているのだと感じることもあります。自分の心境に関係なく、
突然起こることが多いので、感応している、共鳴しているのだとわかるのです。

 ツインソウルに出会うとは、そういう、一見非常識、のような出来事なのです。言葉を交わす、
その言葉のやり取り、言葉の運び方、も、普通のように見えて、普通ではない、のです。

 ツインソウル同士の会話には、時々、心の深淵部分から魂が顔を覗かせます。思ってもみな
かった最適の言葉が口を突いて出てきます。その言葉に感嘆の声をあげ、魂の底から元気に
なります。その時々の話題に作用されるのではないのです。自分の心と身体の、奥深いところ
から、言葉にならないほどの幸福な思いが溢れてくるのです。

 

 



ブログへのアクセスランキングに参加しています
画面をクリックで、どうぞご協力ください↓

にほんブログ村
  ツインソウルに出会った記録の原文を発売します。

テーマ

関連テーマ 一覧

    メッセージお待ちしています♪ huko

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
hukoさま
お久しぶりです。
実は、リハビリ施設に8カ月いた母が今月の初旬に帰宅し、車椅子の生活なので、父の面倒もあり、朝から晩まで目の回る忙しさで、ツインソウルどころではありませんでした。もしかしたら、hukoさんは私がいよいよ手紙を渡したと想像しているかなと思ったりしていました。残念ながらまだです。最近は号泣の間隔もあいて来ています。
そして昨日、来店したお客様からの彼の情報が。。。彼の車はレクサスで、いつも奥さんが隣に乗って一緒に通勤していると。レクサスと聞いて、かなり幻滅してしまったのです。別に彼は医者ですし、裕福であれば高級車に乗る人はたくさんいるので人のことはどうでもいいのですが、彼も開業医になって、よくいる医者のように見栄をはるタイプに変わってしまったと。見る目が変わってしまいました。受診に行ったら誤診をされたというお客様も数名いました。一体どうしたのだろうかと。やる気もなくなってしまったのかと。見る目が変わってしまったのに、心から消えてくれません。もう彼の件は忘れようと思うのですが。魂はわかっているのです。「もう他に探す必要のない人」に出逢えたことを。なので、忘れようと気丈に振る舞えば振る舞うほど、他に心が埋まるものが全くないことに気付くのです。魂の抜け殻のような自分。究極の孤独を感じます。しばらく時の流れに任せようと思います。
ririka
2016/06/25 13:53
ririkaさま
お母様のお世話のことで、とても大変な出来事があったのではないかと思っていました。手紙を渡されたのではないかとも、一瞬思いましたが。渡されてはいないだろうと思い直しました。手紙は、ririkaさんが、多忙であろうがなかろうが、渡さなくてはならなくなった時に渡すことになると思います。彼の暮らしぶりは、外見だけでは、どんな事情があるかわからないので判断できないかと思います。車は奥様の好みかもしれないですしね。嫌な面を見せつけられたとき、ツインソウルといえども、生身の人間のほうは深く傷ついたり、心が凍りそうになったり、心底、相手を嫌いになろうとしたりします。わたしも、Tの冷酷な態度に、悪感情丸出しの手紙を渡したことがあります! 普通の恋愛では、まず渡せない、そんな内容の手紙をです! Tの冷酷な態度に、普通の恋愛なら、その地点でサヨナラ、です。親友のKには、そんな人、もうやめたら? と言われました。それは、待ち伏せをする一年も前の、まだわたしがツインソウルを知らない頃のことです。仕事場へ来られるのは迷惑だというTの立場をよくわかっていましたが、それでも何とか話がしたかったのです。どんな状態が現れても、魂部分は揺るがない、それがツインソウルだと思います。その魂に引っ張られて、生身の自分もゆるぎないものになり、手紙を渡さざるを得ない時期が来るのだと思うのです。
ririkaさん、今は、自分のやるべきことに誠意を尽くし、身近な方に愛を振りまき、そうして、良い時期に良い状態で会うための心の準備をしているということなのではないでしょうか。
huko
2016/06/25 14:45
hukoさま
「魂に引っ張られて、生身の自分もゆるぎないものになり。。。」
この意味がとってもよくわかります、というか、自分でもそうなっていくだろうとそう予測しています。hukoさんのいう通り、見た目の想像でけでは真実はわからないですよね。別に付き合っているわけでもないのに、彼の人間性や価値観に裏切られたような気分になってしまったのです。一昨日の夜、3週間ぶりの大号泣。もうこれ以上ないくらいの、体全体で、魂の底から大泣きするくらいのひどいものでした。それは、私の人間自身、人生、全て賭けられるくらいの大泣きでした。全て突然に、不意に来るのですよね。hukoさんと同じく、私も彼のプライベートは○○市に住んでいるくらいしか知りません。一体どこに惹かれたのかもよくわかりません。なのに強烈な懐かしさと愛しさ。
まったく同じです。あと、こんな強烈な号泣が何年も続いているのに全く不思議に思わないのですよね。。。
なぜでしょうか。
ririka
2016/06/25 15:30
hukoさま
私の場合、正直なところ、受付に奥さんがいるというのが大きな壁になっています。そこにその存在があるだけで行きたくなくなるからです。私から見ると、とっても嫌な胃が痛くなるようなオーラを醸し出しているのです。それがもしかしたら魔になっているのかもしれません。先日受診に行ったお客様も言ってました。「院長の奥さんて、かなり気が強そうな顔してますよね。」と。現実問題、手紙を持って行くことは、かなり勇気が必要です。私もhukoさんのように彼とある会社の職場での出会いだったなら、もうとっくに手紙を渡しています。どうか私の立場を想像して見てほしいです。hukoさんが花束を渡しに行った時に、もしもTさんの奥さんがいつもTさんのそばにいたとしてらどうだったでしょう?それに彼の場合は、いつもそばに看護師さんもいます。それに、3月に行った時に私のことなど忘れてしまっているくらいのよそよそしい対応でした。かなりショックでした。もしかしたら、今までの感覚は全て私の独りよがりの思い込みだったのだろうかと思ったほどです。彼のところに通っていた2年もの間、私たちはツインソウルだという確信にまでは至っていませんでした。確信が強くなっていったのは、会わなくなってからです。不思議な現象が度々起きたからです。
手紙を書こうと思ったのは、号泣が3年も続いていて、私の意思ではないとはっきり分かる時もあったからです。これだけとっても普通の出会いではない証拠だと思ったからです。
hukoさんとTさんの関係のように英語を個人的に教えてもらったり、最後に相手にプレゼントを渡せたりとかという行動は起こせない出会いの環境でしたから。私は単なる母の付き添いだったからです。みな状況は違います。ですから起こせる行動も同じにはいかないと思うのです。

ririka
2016/06/25 22:35
hukoさま
2回も追記してくださり、体験者として先輩であるhukoさんの私を応援し背中を押してくださる姉のような思いに泣けてしまいました。本当に有難うございます(涙。)!!
「ツインソウル惑星生まれの姉妹」。私もそのような思いでいさせてもらっています。
hukoさん、今後とも、宜しくお願いします。
  実は、今年の3月に一年ぶりに受診で行った時が今思えばチャンスでした。2回診察室に呼ばれたのですが、周りには誰もいなく先生と二人きりだったのです。この時に手紙を持っていっていればと今になって悔みます。しかし、この時は態度もよそよそしく、外見も白髪など、ちょぼちょぼしかなかったのに全頭白髪になっていて、目も窪み、大柄の体全体が痩せて小さくなって見えて、そのショックで何も話せず帰ってきてしまったのです。
hukoさんに背中を押され、決意しました。さっそく手紙を書き、実行に移します!!
不思議なことに回数は減りましたが、3月に会ってから、号泣が今までと違い、かなり酷いものになってきています。
これは、魂の叫びだと思います。もう、時が来ていると感じます。
私が思うに、もしかしたら、彼の奥さんは、過去世でも登場し、私が相当嫌な思いをさせられた間柄だったような気がするのです。でなければ、滅多に人を毛嫌いするような自分ではないのに、ここまで、行きたくなくなるほど、その姿を見るのも嫌になるほど気分が悪くなるのは意味があるのかもしれないと。しかし、私以外にも、患者さんの中に奥さんの態度が嫌で病院を変えてしまった人もいるくらいですけどね。
いちいち、行けない理由をあげたら切りがないと思います。まさしく、私の思いが試されていると思います。
ririka
2016/06/26 13:19
hukoさま
hukoさんの「気になる人はツインソウル」、そして、hukoさんと私のやりとり。。。
客観的に見てみると、まるで、SF小説の世界のような事が、現実に実際起きていると実感しました。今日、ふと、そのことに気づきました。
「ツインソウルはマイノリティ。」
世間一般、世間の常識からかけ離れた異次元の世界に、hukoさんも私も、ある日から突入してしまったんだと。
もう戻ろうと思っても、戻れないことを実感しています。
離れている人との間に生じた不思議な感覚、そして様々な不思議な現象、それを確かめるために、本人に会いに行き、それを確認しようとしている自分。
そんなこと、生きている間に体験できる人は普通なら殆どいないでしょう。
普通なら、理解できない行動です。
それでも、実際、私より先に同じ体験をしてきたhukoさんがいてくれたおかげで、異次元の世界へ突入してしまった私はとっても救われました!!
「ツインソウル惑星」から来たのは、疑えないような本当の気持ちです。
手紙は、1ヶ月の間になんとか渡せるよう頑張っていきます。
でも、何故、私たちだったのでしょう??
ririka
2016/06/27 14:49
hukoさま
具体的なアドバイス有難うございます。
問題は、実際現場に足を運んだ時に、自分が体験してきた「号泣」や「不思議な現象」とは対極にある「現実の空気」に呑みこまれないようにすることだと思っています。
先生がまた、前回と同じく、よそよそしい他人行儀な態度をとってきたとしても、それに動揺することなく、その態度の裏にある先生の魂の思いを信じて言葉をかけ、手紙を渡すしかないと。実行に移すまでの間は、hukoさんのアドバイスの通り、前向きな心で
進んでいこうと思います。
ririka
2016/06/30 13:42
hukoさま
先日、占いサイト売上NO1の政界、財界人が極秘で占ってもらっているという霊視のできる方の占いを試しにしてみたのです。これは、ひらがなで、名前のみで占うのですが、さっそく先生と私を占ってみました。結果は、鳥肌立つほどの結果でした。
「お二人はまさしく神に選ばれた運命の相手であり、それは、前世が関係していると。
二人は前世で恋人同士。出会った瞬間、名前も知らないうちに恋に落ち、生涯愛し合った有名な二人。あなたもあの人に出逢った瞬間は何かを感じたはずだと。しかし、前世では、身分の違った二人が愛しすぎたあまり、周囲により引き離されてしまったと。あなたたちの別れはこの因果によるもので、これからの二人の愛の深さが天より試されていると。あの人の中で、あなたは自分の一部のようなものでした。あの人は今、深い悲しみの中にいて、寂しく、世界の中で一人きりのような気がしています。神は、運命で結ばれた二人には、時に厳しい試練を与えます。前世から結ばれていたお二人の絆が現生でも確かなものか試しているのですと。本当に運命で結ばれた二人はどんな障害も乗り越えます。たとえ一度別れたとしても、お互いに強い思いがあれば、再び巡り会うようにできているのですと。あなたに限っては、ありのままのあの人を愛せるのですと。」  とてもびっくり!!してしまいました。以前、号泣している時に、前世で二人が別れた瞬間の悲惨な苦しみの感情を思い出したようになったことがあったからです。この結果を信じて進んで行きたいと思います!!
ririka
2016/07/02 13:46
hukoさま
エゴが消えたというのは、本当にすごい変化ですね。素晴らしいです!
長い、長い分離期間があるというのも、hukoさんとTさんのケースと全く同じですね。
Tさんもたぶん、あのブログの「ランナーの想い」にあったように、今まで経験したことのない強烈な惹かれ方と、hukoさんの存在が心からいつまで経っても消えてくれない葛藤で相当苦しんで来たと想像しています。
私は、興味本位で占いなどに頼ってしまいましたが、邪道だということはわかっています。
実は、私の中の過去のトラウマが影響していて、自分に自信をもてない方向へ心の魔が時々働くのです。「いつかまた、やっぱり自分の勝手な思い込みだったと泣く結果になるのではないか。」と。先生の所へ通っていた時はいつも、「今日こそは、やっぱり思い込みだったと、がっかりする態度をとられるかもしれない。」と思いながら2年間通っていました。ところが、通いながら、先生と接していくごとに、「裏切ってこない、なんともいえない安心感が続いていきました。」私は、ツインソウルであるか、ないかは、もうどうでもいいと思っています。私の中では、ワイズ博士が書いた、「魂の伴侶」という本の内容のが、現実に実際あった内容なので、感じるものが大きいです。近いうちに手紙を書き上げる予定です。
hukoさんと、Tさんの再会、想像するだけで、ドキドキします!!
ririka
2016/07/04 16:26
      ご質問、ご感想、     メッセージをご利用くださいませ。
小さな予言者、いかがでしたか? 2017年秋に、これまでの作品の 一番元の記録(原文)を 電子書籍で発売します。  現実の仕事場が登場し、 仕事上の二人の関係が明白になり、 ツインソウルの特徴がより鮮明に!! 
        
#319 ツインソウル 見えない繋がり 小さな予言者/BIGLOBEウェブリブログ
       深呼吸しましょう〜 風を感じて  huko
文字サイズ:       閉じる