夜半の光り 夢の中の言葉 その意味するものとは

小さな予言者

アクセスカウンタ

    
   深呼吸しましょう〜 風を感じて

zoom RSS #308 ツインソウルの特徴4 

<<   作成日時 : 2016/02/06 20:05   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 3

 「出会った人が自分のツインソウルであると、どうしてわかるのか、について」

 この問題は、これから細かく取り上げていきたいと思っています。わたしのブログをご覧に
なっている方たちの中にも、そういうところに直面している方がいるかもしれません。わたし
の記録のなかの会話や出来事など、出来るだけ具体的に扱っていこうと思います。

 「ソウルメイト」や「ツインソウル」という名まえを聞いたこともなければ、それらのことを書い
ている本を目にしたこともない、そういう状態で出会ったとしても、普通の出会いではないと
いうことはすぐに感じるのです。そして自然に、「ソウルメイト」 「ツインソウル」という名前を
知るようなキッカケや機会が訪れ、そのとき瞬間的に理解します。
 独身者同士で出会うこともあれば、片方あるいは両方がすでに別の人と結婚している状
態で出会うこともあります。どんな設定の中で出会うとしても、一度出会えば、その後もこれ
また自然に、頻繁に出会うことが出来てきます。無意識に、お互いがそのような行動をとり
始めます。
 「普通の出会いではないな」と感じるときは、その人とかかわるときのすべての事柄の中
にあります。理屈ではなく、無意識にわかっていくのです。

 わたしは「気になる人はツインソウル」という電子書籍を出しましたが、これはノンフィク
ションとはいっても、非公開にしている個所が多く、仕事場の設定も変更しています。わたし
とツインソウルである、Tという男性が登場しますが、彼とわたしとは、同じ会社で働いている
といっても職業は違うのです。わたしと同じ部署の人たちは、誰もTたちの仕事に携わる人た
ちとは普段言葉を交わしません。このブログでも書いていますが、わたしの部署の人たちは
交代でお弁当代の集金をしていましたから、彼らに関わることが全くないというわけでもあり
ません。
 ですが、わたしのように会話が続いていくという関係はあり得ないことだったのです。
このブログでも、本のほうでも、Tとの仕事上での関係性を明確に書くことが出来ていれば、
交わした会話の不思議さを理解していただけたのではないかと思うと、残念でなりません。

 さて、わたしは英語の質問をすることで、Tに近づいていったのですが、こういう場合も、
ふつうは、尋ねて、答えてもらって、後は、ありがとうございましたと、お礼を言い、そこで終
わりなのです。そのあとは続いていかないのです。
 話が飛びますが、昨年の夏、「ウインドウズ10」が出て無償でアップできることになり、
Windows7をつかっていたわたしは予約を入れました。でも、その後、いろいろな情報が入っ
てきたために、わたしはインストールするのを躊躇っていました。そこで、今、働いている職
場で、インターネットに詳しい人が2人いるというので、彼らに様子を聞いてみました。
 別に問題はないよと言われ、すぐに「10」を使い始めたのですが、その彼らとその後、親し
くはなったわけではありませんし、ネットの話をするわけでもありません。
 その人たちと、わたしとは、Tとわたしとの関係と同じような状態です。これが普通なのです。

 会話が弾み、会話が続き、自然と接する機会が増えていくのです。その増えていく過程でも
無意識に、感じ取っている、のです、魂が! (「#309 」へつづく)



 ブログへのアクセスランキングに参加しています。
 ↓ピッと一押し、お願いします。
 
にほんブログ村


  ツインソウルに出会った記録の原文を発売します。

テーマ

関連テーマ 一覧

    メッセージお待ちしています♪ huko

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
hukoさま
ツインソウルに出逢ったという人のブログを読んでいると、殆んどの人が離れ離れで結ばれていない人ばかりです。そして、障害を乗り越え離婚して結ばれたツインソウル夫婦のブログを読んでいると、「ツインソウルに出逢ったのに何年も離れていられるのはツインソウルではない。一緒にいるのが当たり前で、離れていられることなど考えられない。それくらい両方が強烈な惹かれ方をする。どちらか一方ではない。そして一度でもツインソウルに出逢ってしまったら、他の異性にはまったく興味がなくなってしまう。」と。これが本当のツインソウルだと思います。しかし、子供がいれば、すぐには離婚などできない人もいると思います。それ相当の強い覚悟も必要だと思います。結局は全ての選択はその人の自由意思だと思います。ツインソウルという言葉の起源が何処からきたのか私にはわかりまん。その人その人の過去生からの宿縁から繋がってきているというしか今はわかりませんが。もうツインソウルの情報が出回り過ぎて、何が真実なのか考えるのも疲れてきたので、今はあまりツインソウルという言葉に固執しないで生きていこうと思います。要はその人自身が幸せをどう掴むかが大事だと思っています。
しかし、彼と出逢ってから今まで経験してきた不思議な現象や溢れる愛おしさは変える事のできない事実です。そして今も現在進行形です。
ririka
2016/02/10 22:00
ririkaさま
 「ソウルメイトの不思議」の著者、越智啓子さんの「ツインソウル」という本には、『出会ったときすでに結婚していた場合、それぞれが仲が悪い場合は離婚が進んでいきツインソウルと結婚することになり、仲が良ければ、悩みながらもツインソウルとの独自の関係性を見つけて、交流していく、今世での状況だけではなく過去世との絡みがあるので、どうなっていくかはそれぞれの魂が決めていく』とあります。
 普通の恋愛と違って、離れていても、ツインソウルであれば、必ず繋がりを証明する「交信」があります。Tに会わなかった6年のうち、浴室での神秘体験に始まって、1年後に白い光り、さらに1年後に、夢の中に現れたT。わたしの本の中に紹介しましたが、この夢以来、わたしの心が非常に安定していきました。Tが総てをわかってくれていること、そのことを自覚できたからだと思います。Tには知らせずに突然花束を持って行くようになって2度目の年は、電子書籍を出したことをTに伝えました。そして去年、花束を渡すようになった3度目の年、このときは、演奏が終わったステージでTに花束を渡すことが出来ました。バンドの仲間が「上がっていっていいですよ」と言ったのです!
 ツインソウルであれば、一緒になろうが、離れていていようが、魂の底が貼り付いていることは変わりません。
ririkaさん、もし今も、出会った人とがツインソウルなのかどうか、わからないのであるなら、ご自分の魂に任せてみたらいかがでしょう。ツインであれば、必ず、何かしらの形でその知らせがあるはず。ソウルメイトであれば、この出会いで成し遂げるべき課題があるのだと思います。
 Tとの短い会話の中で感じ取ったこと、また花束を届けることになったことなども、今後のブログ記事で取り扱います。何か参考になると思います。
huko
2016/02/11 11:26
hukoさま
これはあくまでも私の思いと判断なので気を悪くなさらないでください。
もしも、私が既婚者という立場で、ツインソウルに出逢ってしまったとしたら、もう旦那さんとは夫婦生活は送れないと思いますし、一緒に生活することもできなくなってしまうと思います。これは仲が良いとか悪いとかは関係なくです。それくらい強烈に惹かれてしまうからです。ツインソウルとご夫婦になった男性もブログでコメントしていましたが、「一緒にいられないどころではなくて、一緒にいないなんて不可能なのだ。頭で行動するのではなく、体が勝手に一緒にいようとする。この感覚は味わったものにしかわからない。僕たちは好きだから一緒にいるのではない。一緒にいるのが当たり前だから一緒にいる。もしもツインソウルではない女性と一緒になってしまていたならば、どれだけ意味のない人生になってしまっていたことか。他人と暮らす不快感を抱えて多くの夫婦は我慢して生きている。もしも、ツインソウルらしき人に出逢っても離れられるのはツインソウルではないからだ。ツインソウルの引力は、この世界のどんな磁石にもかないません。そして、一度でも肌を重ねたならば、その人といたい。その人と生きたい。その人のために死ねると思います。恋愛とはレベルが違うのです。」
これがツインソウルの全てを表していると思います。一体感とか、テレパシー、魂の交流(号泣)とかは、あくまでもツインソウルの特徴や事例としては挙げられますが、この感覚が全てを表現していると思います。それだけステージが変わってしまうのだと思います。
ririka
2016/02/13 13:21
      ご質問、ご感想、     メッセージをご利用くださいませ。
小さな予言者、いかがでしたか? 2017年秋に、これまでの作品の 一番元の記録(原文)を 電子書籍で発売します。  現実の仕事場が登場し、 仕事上の二人の関係が明白になり、 ツインソウルの特徴がより鮮明に!! 
        
#308 ツインソウルの特徴4  小さな予言者/BIGLOBEウェブリブログ
       深呼吸しましょう〜 風を感じて  huko
文字サイズ:       閉じる