夜半の光り 夢の中の言葉 その意味するものとは

小さな予言者

アクセスカウンタ

    
   深呼吸しましょう〜 風を感じて

zoom RSS #305 ツインソウル 魂の繋がり

<<   作成日時 : 2015/12/05 19:29   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 5

   ツインソウルの特徴4  「魂の繋がり」

 何年振りかで友だちに会うと、たいてい驚きます。最初驚いてから、それから
「まあ、お久しぶり 」と話し始めるのです。
 何年振りかではなくても、毎日顔を合わせている者同士でも、意外な場所で出会ったり
すると、やはり驚きます。
「まあ、こんなところで会うなんて、驚いたわ」というふうに。
 大抵は驚くのです。大なり小なり、まずは驚くのです。ふつうはそうですよね。さて、では
ツインソウル同士の場合はどうでしょうか?
 「驚かないの? 」
 はい、そうなのです、実はツインソウルは驚かないのです。何年会っていなくても驚かな
いのです。
 ツインソウルに出会うと、初めてではない、どこかで会ったことがあるような懐かしい感じ
がするのですが、この驚かない、ということは、そのことと関係しているようにも思います。
 この『驚かない』ということは実はとても大変なことであると思うのですよ。

 わたしの場合は、会うのが6年ぶりだったのですが、Tは驚きませんでした。会えなかっ
た6年間は、わたしが年に2〜3度、Tの会社のパソコンへメールを送っていたくらいの関係
です。顔を見ることは無く音信不通といってもいいような状態でした。
 このブログでも過去記事に載せましたが、待ち伏せしてTにツインソウルを告げたとき以来、
6年ぶりです。2012年秋のことです。
 Tの会社で毎年開かれている記念イベントにわたしが初めて出かけたときのことです。
もちろんTにはメールで知らせずに突然行きました。なんだか急に行きたくなったのです。
ステージで片づけをしているTに、2〜3メートル背後から声をかけました。会場内は、仕事
関係の人が多く顧客もいます。声をかければ必ず返事をします。無視すれば失礼になるか
らです。ところが、Tは返事をしませんでした。Tはわたしだとわかっている、わたしはそう思
いました。誰だかわからなければ返事をするはずですから。イベントが終わって帰る道すが
ら考えました。
「Tさん、わたしに驚かない、どうして驚かないのかしら? どうして? ほかの人たちは皆、
久しぶりに見かけたわたしに驚いたのに」

 Tは、わたしの肩の辺りにいます。いつも居る感じ、仕事に集中しているときは思い出し
たりするわけではありませんが、いつも居るのです。

 6年ぶりに会うことが出来たその後は、1年に1回、そのイベントで会うことが出来ていま
す。会話は短く、相変わらず2〜3分ですが!

 今年の秋は2日間イベントへ出かけ、2日間続けてTに会うことが出来ました。その所為
なのでしょうか、二日目、帰宅後、Tが現れました。Tの姿が現れたのではなく、Tの気配の
ようなものが現れました。
 あの、「浴室での神秘体験」さながらの気配が!
(「#306 」へつづく)





ブログへのアクセスランキングに参加しています。
↓画面をクリック、ご協力くださいませ。
 
にほんブログ村

  ツインソウルに出会った記録の原文を発売します。

テーマ

関連テーマ 一覧

    メッセージお待ちしています♪ huko

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。hukoさん。

Tの気配についてですが、実は私も今までに彼の気配を感じたことが何度かありました。彼の存在は出会ってから毎日24時間ずっと自分の奥低の部分にいるのです。ツインソウルに出会うと、今まで生きてきて経験したことがないような不思議なことがたくさん起るのですが、人に話してもきっと信じてもらえないでしょうし、頭がおかしくなったと思われてしまいそうで友人にも誰にも打ち明けられないでいます。おとといの夜、お風呂場で不思議なことが起こりました。湯船につかっている時、「もしも今彼に会ったとしたらきっと涙があふれて顔もまともに見れないかもしれないな。」と感じてのです。そしたら、彼の顔と姿が浮かんできて気配を感じてのです。その時、彼も同じく涙があふれてしまい、私の顔をまともに見れないと悟ったのです。私は号泣しました。お風呂から出て着替えている時です。今度は、彼と会わなくなってから8か月の彼の苦しみと私のことを彼がとっても心配してくれている大きなあふれる愛を胸に突き刺さるように感じとってしまったのです。私は声を上げて号泣してしまいました。「わかっている。本当に有難う。」と。まるでもう一人の自分が泣いているようでした。
とっても不思議な時間でした。この時、彼を疑ってはいけない。彼を信じようと思える自分がいたのです。
ririka
2015/12/06 13:24
hukoさま

私は、彼と出会ってしばらくは、ツインソウルなんて知りませんでした。今まで誰にも感じたことのない強烈な惹かれ方(離れたくない、ずーっと一緒にいたい。)で、毎日が嗚咽するくらいの号泣で、これは前世で尋常ではない何か特別な繋がりが彼とあるのではないかと感じるようになりましたが、では何故、出会ったのが今なのかと思うばかりでした。
私は独身で、彼は娘さんがいる既婚者です。しかも年齡的にも親の介護突入の世代です。
お互いが独身同士の出会いなら、私も友人に色々話していたと思いますが、妻子ある人との不思議な現象など話しても世間一般には受け入れてもらえないと感じたのです。ツインソウル関連のブログはたくさんありますが、私から見て「本物だ」と思えるブログは数少ないと思います。hukoさんのブログともう一つ「魂の源」というブログ(今は更新されていません)は、海外勤務していたある女性がツインソウルと出会った内容が綴られていますが、これも本物だと感じました。照らし合わせてみると、距離感ゼロだからでしょうか。ツインソウルの男性の立ち振る舞いに少なからず共通点があるような気がしました。これからも更新宜しくお願いします。楽しみにしています。
ririka
2015/12/07 15:49
hukoさま
有難うございます。
いつか詳しくお伝えしようと思いますが、私が彼と出会ったシチュエーションは、かなり過酷で傷つき、悲しすぎる環境での出会いでした。周りに人がいなくて二人きりで話すことなどありえず、ましてや連絡先などの交換なんて不可能な環境でした。出会った年齢や時期もそうですが、会える時の周りの環境も試練でした。なぜなら。。。。彼のいる空間にはいつも彼の奥さんがいたからです。でも、そこで私は出会ってしまったのです。「ツインソウル」に。私は「運命よ。私をズタズタに傷つけたいなら、気の済むまで傷つけるがいい。私が溶けてなくなるまで。。。」と心の中で叫びました。。これ以上は長くなりますので、この辺で。私は今度機会があったら、ヒプノセラピー(前世療法)を受けてみようかと思っています。
ririka
2015/12/11 15:14
hukoさま

励ましていただいて感謝しています。
有難うございます。
目に見えない世界を信じていくというのは、勇気のいることですが、
前向きに一日一日を大切に生きていこうと思っています。
ririka
2015/12/12 11:59
hukoさま
#93 謎解き を読んでびっくりしました。
私は以前から不思議に感じていたことがありました。あの不意にくる突然の嗚咽まじりの号泣の時に私の魂の奥底からくる「う〜〜〜〜っ」と言う唸り声が現れるんです。私は子供の頃から今に至るまで所中号泣することなんてなかったですし、しかも唸り声なんて初めてでした。まるで私の意識ではないような、もう一人の自分のような、自分の魂のような、とっても不思議な現象で、実はずっと気になっていたのです。彼の苦しみの感情、意識を私が受けてしまっているとしたら。。。そういうことも考えられるのかなと。hukoさんのブログの#のついた記事を読んでいくと、私の感じた経験に似ている部分があり、とっても不思議な世界を感じています。まだ、電子書籍の方は忙しくて読めていないので、お正月休みにでもゆっくり読ませて頂きます。とっても楽しみです。
ririka
2015/12/16 23:29
      ご質問、ご感想、     メッセージをご利用くださいませ。
小さな予言者、いかがでしたか? 2017年秋に、これまでの作品の 一番元の記録(原文)を 電子書籍で発売します。  現実の仕事場が登場し、 仕事上の二人の関係が明白になり、 ツインソウルの特徴がより鮮明に!! 
        
#305 ツインソウル 魂の繋がり 小さな予言者/BIGLOBEウェブリブログ
       深呼吸しましょう〜 風を感じて  huko
文字サイズ:       閉じる