夜半の光り 夢の中の言葉 その意味するものとは

小さな予言者

アクセスカウンタ

    
   深呼吸しましょう〜 風を感じて

zoom RSS ツインソウルへ続く道(1) 

<<   作成日時 : 2013/08/04 00:49   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

   まるい星の旅人

長い旅をしてきました
痕跡が遥か彼方へ押しやられ
遠のいたような
近づいたような
長い日々です


過去でなく 未来でもない
旅路の果ては 今ここに


地球人は 皆
まわりまわって
球形(まる)い 星を旅してる



 中学生の頃のことです。現在のわたしは結婚もしていますし充分におとなであるわけですか
ら、もう数十年も前のことになります。
 当時、詩が好きというわけでもなかったわたしが、偶然見つけて気に入って、丁寧に紙に書
き写して壁に飾ったのです。
 前記事でも述べましたが、詩を書き写した紙を壁に飾るなどということは後にも先にも一度
もしたことがありません。その行為そのものがとても印象深い出来事だったのですが、わたし
が不思議だなと思ったのは、その詩が、有名な詩人の書いたものではなかったという点です。
その詩は今でも容易にはお目にかかることが出来ません。そういう珍しい詩だったところに、
何か運命的なつながりを感ぜずにはいられなかったのです。
 それはキャプテン・クックという、イギリスの海洋探検家が書いた詩でした。この人は詩人で
はありません。有名な詩人の書いたものなら、簡単に目にすることが出来ますし、書き写して
壁に飾るなどということは、誰でもやりそうです。
 そしてその詩がキャプテン・クックの詩であったこと――そのキャプテン・クックが、自分の人
生のテーマでもある「ツインソウル」に関連していようとは……
人生って本当に不思議なことが起こるのですね。

 オーストラリア大陸を発見したキャプテン・クックは、最初の上陸の際にオーストラリア先住
民のアボリジニと接触しています。わたしがクックの詩に惹かれたのは、彼の詩にアボリジニ
の匂いを感じたからではないか、そう思えたのです。これはもう直感ですが。
 わたしの子どものころの習性、ツインソウルに出会ったことで引き出されたものなど、それら
が皆、アボリジニの人々の感覚にとてもよく似ているのです。


   第三の目!?

 それでは、ここで、本の読者から興味深い感想をいただいた、例の「浴室での神秘体験」に
ついて話を進めることにします
 わたしは、入浴中に、ツインソウルならではの、稀有で貴重な体験をしたのですが、だいた
い、人の心のなかが見えるなどということは、そう簡単なことではありません。見える、とか、
現れるというと、形あるものを想像しますから、とても紛らわしくなります。ましてや「心」のよう
に形が無いものは、当然目に見えるわけはありません。だから、これは容易(たやす)いこと
ではないのです。 
 「心が見える」は、詩的な表現で、わかりづらいですが、自分の心のなかを見るのと同じよう
に、相手の心を見た、ということなのです。

ブログでは、過去の記事(*)でも少し触れていますが、これからそのときの出来事の一部を
紹介します。
(つづく)



* 2012年8月記事 「浴室での神秘体験 #120」 

 
  ツインソウルに出会った記録の原文を発売します。

テーマ

関連テーマ 一覧

    メッセージお待ちしています♪ huko

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
hukoさん、キャプテン・クックが書いた詩ってどんなのか興味がありますが、ここに書かれたhukoさんの詩「まるい旅」っていいですね。
地球人は皆地球を愛しているのですね・・・。
ふーちゃん
2013/08/05 18:48
ふーちゃんさま♪
ありがとうございます。 最初の一行、ワンフレーズは数日前から浮かんでいたのですが、あとは数十秒で書き上げました。半月前、「星の王子さま」を電子書籍で読んだのですが、最初の数ページ、涙が止まらなくて大泣きしました そういったことの影響があったのかもしれません。
クックの詩、これから調べるところです! 今日、本を注文しました
huko
2013/08/06 17:34
      ご質問、ご感想、     メッセージをご利用くださいませ。
小さな予言者、いかがでしたか? 2017年秋に、これまでの作品の 一番元の記録(原文)を 電子書籍で発売します。  現実の仕事場が登場し、 仕事上の二人の関係が明白になり、 ツインソウルの特徴がより鮮明に!! 
        
ツインソウルへ続く道(1)  小さな予言者/BIGLOBEウェブリブログ
       深呼吸しましょう〜 風を感じて  huko
文字サイズ:       閉じる