夜半の光り 夢の中の言葉 その意味するものとは

小さな予言者

アクセスカウンタ

    
   深呼吸しましょう〜 風を感じて

zoom RSS ツインソウルとの出会い(3) #203

<<   作成日時 : 2013/05/28 19:10   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

広大でロマンティック
それでいて
どこかせつなく
哀愁を帯びた航海の詩

郷愁をそそる
キャプテン・クックの詩に
わたしが心惹かれたのは
そのクックの詩の向こうに
アボリジニの人々

さらにその向こうに
懐かしいその人
ツインソウルの彼の
匂いを感じていたのかもしれない

いいなあと思ったり、惹かれたりする
それらの人や事柄は、
どこかで自分と繋がっている
自分を知るための標(しるべ)となる

13歳のころに、わたしは
ツインソウルの匂いを感じていたのかもしれない。




 電子書籍「気になる人はツインソウル」を読んでくださった方から、
 *すごく面白かった
 *スピリチュアルな世界を共感出来て嬉しかった
 *感性が豊か
 *わたしの暮らしとはかけ離れている
 *驚いた
 *赤い糸って、あるんだなあと思った 
  等々
 感想をいただきました。ありがとうございます。嬉しいです。



 さて、これは下巻のほうに詳しく掲載しているのですが、浴室でわたしが体験した神秘的な出
来事、そのことについて、ある読者の方から、とても興味深いメッセージをいただきましたので、
その一部を下記に紹介します。

 「わたしが読んだ本に興味深い内容があったので、抜粋します。加納眞士著、「魂の旅路THE
霊学」に、
 『オーストラリアの先住民族アボリジニと、イルカの脳は、右脳、左脳同時に情報が送られ、第
三の目が発達していて、磁気などのエネルギーフィールドを体感的に感知する。これは共感のレ
ベルが根本的に違う。相手の体験を、ホログラフィーのように脳内部で組み立てることが出来、
想像ではなく疑似体験的に感じることが出来る』と書かれていました。
 堀さんが浴室で、ツインソウルのTさんを感じられたのは、このような、第三の目が開き、擬似
体験した状態だったのかな? なんて読みながら感じました。
  アボリジニの人は、起きていながらも夢を見ることが出来るそうです。過去、現在、未来の区
別がなく、全ての次元が同時にすすんでいるそうです」


 この読者からのメッセージに書かれている、「第三の目」や、「疑似体験的に感知する」というこ
と、それらが、わたしには、よくわかります。
 アボリジニという名は、このメッセージで初めて知りました。気になって、すぐに調べました。そ
して調べていく途中で、わたしは、ある不思議な繋がりを発見したのです
 アボリジニとは、オーストラリア大陸の先住民族のことですが、彼らについて調べていると、そ
こに、「キャプテン・クック」 という名まえが出てきたのです。なんて偶然なの!  驚くと同時に
思い出しました。 すっかり忘れていたことなのですが、すぐに思い出しました。
 中学生のころ、キャプテン・クックが何者なのか、何も知らないで、彼の詩を壁に飾ったりしてい
たことを、わたしは、すぐに思い出したのです。
 2008年に実家に帰ったときに、壁に貼ってある紙を見つけたこと、そのことも思い出しました。
そして、直感でわかりました。
「ああ、出会うべくして出会ったんだ、出会うことになっていたんだ、ツインソウルには」と。(つづく)


 浴室での神秘体験については、ブログのほうでは省略していますが、次回の記事で少し触れ
ることにします。






  ツインソウルに出会った記録の原文を発売します。

テーマ

関連テーマ 一覧

    メッセージお待ちしています♪ huko

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは(((o(*゚▽゚*)o)))
ゴールデンウィークにハワイに行ってきました!
念願かなって夢だったハワイの土地に立つ事が出来ました。
その土地に立った瞬間身体が、螺旋のDNAの様に回転している様に感じました。
そして、赤土の土地ではふんわりとピンクのシャワーで祝福されて感覚。

堀さんの様に、スルッーとは紐解く事は出来なかったのですが、私のルーツはハワイポリネシアンにあるのかなと思えてならない旅でした。
mamami!
2013/05/29 09:28
mamami! さま
念願かなって、ということは、かなり前から行きたかった場所だったということなのですね。
その土地に立ち、肌で感じ取ることが出来て羨ましいかぎりです。わたしのように、紙面で思いを巡らしているのとは比べものにならないものを得るのですから。
理屈など、吹っ飛んでしまう。その土地の何かがmamami!さんのことを歓迎してくれている、そのことがわかるのですよね。
ルーツを知ることで、これから何かが変わっていくのかも。もちろん、いいほうに、です

huko
2013/05/30 18:34
      ご質問、ご感想、     メッセージをご利用くださいませ。
小さな予言者、いかがでしたか? 2017年秋に、これまでの作品の 一番元の記録(原文)を 電子書籍で発売します。  現実の仕事場が登場し、 仕事上の二人の関係が明白になり、 ツインソウルの特徴がより鮮明に!! 
        
ツインソウルとの出会い(3) #203 小さな予言者/BIGLOBEウェブリブログ
       深呼吸しましょう〜 風を感じて  huko
文字サイズ:       閉じる