夜半の光り 夢の中の言葉 その意味するものとは

小さな予言者

アクセスカウンタ

    
   深呼吸しましょう〜 風を感じて

zoom RSS 幸運の前兆?  

<<   作成日時 : 2011/03/29 19:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

      信じられない光景!

 それは、ある年の6月29日、早朝のことだった。
 午前5時45分、小鳥が一羽飛んできて、自宅のベランダのフェンスの上にピョコンと飛び
降りた。 じっとしている。
「ほら、見て」
そばで新聞を読んでいる彼に、わたしは小声で話しかけた。 
「うーん、不思議だな」
 わたしたちのいる居間からベランダの小鳥までは2メートルくらいしか離れてはいない。 
 おまけにガラス戸を開けて網戸にしている。 人の気配で鳥は飛んでいってしまうものなの
に、なぜか逃げない。羽色が茶色だから、まだヒナなのかしら? うまく飛べないのかしら?
「逃げないわ。ね、見て、見て!」
 わたしは感激していた。
「ピー、ピー、ピー」 と、小鳥がかわいい鳴き声をあげた。耳をそばだてないと聞き取れない
ほどのかすかな声で鳴いている。頭をほんの少し動かしてキョロキョロ、あたりを見わたして
いる。わたしたちは小さな声で囁くようにそっと話した。
「ね、逃げないね。飛んでいかないね」
「なぜ飛んでいかないのだろう? 不思議だなあ」
 そこへ、 もう一羽、小鳥が飛んできた。羽の色が白と黒、ハクセキレイだ。 エサをくわえて
いる! ああ、親鳥だ。ヒナはここで親鳥を待っていたのか…! 
 親鳥がわたしたちの目の前でヒナにエサを与えた。 

 こんなこと、街中ではなかなか見ることが出来ないのではないかしら? ましてやマンション
のベランダでは、ね。それに親鳥にしても、ヒナをマンションのベランダに待たせてはおいたり
しないと思うのだけど。

 わたしたちは小声ではあったが、実際に声を出して話していた。しかもヒナのすぐそばで。
それなのに、ヒナは逃げなかった。親鳥は、微かな鳴き声を聞きわけ、ヒナの居場所を見つけ
て飛んできた。
 わたしたちの目の前で餌を与えるなんて、本当に、信じられない光景が目の前で起きた。
 わたしは単純に、何か幸運な出来事の前兆のような気がした。小鳥がわが家を気に入って
選んできてくれたような気がした。
 かわいかったなあ、小鳥たち。









クオリス 粟玉(330g)5個セット【ポイント10倍】【10P25Mar11】
リコメン堂
この部分は iframe 対応のブラウザで見てください。小石を取り除いた皮ムキアワに新鮮な鶏卵、ペカ

楽天市場 by クオリス 粟玉(330g)5個セット【ポイント10倍】【10P25Mar11】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
  ツインソウルに出会った記録の原文を発売します。

テーマ

関連テーマ 一覧

    メッセージお待ちしています♪ huko

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
      ご質問、ご感想、     メッセージをご利用くださいませ。
小さな予言者、いかがでしたか? 2017年秋に、これまでの作品の 一番元の記録(原文)を 電子書籍で発売します。  現実の仕事場が登場し、 仕事上の二人の関係が明白になり、 ツインソウルの特徴がより鮮明に!! 
        
幸運の前兆?   小さな予言者/BIGLOBEウェブリブログ
       深呼吸しましょう〜 風を感じて  huko
文字サイズ:       閉じる